不動産投資信託を購入しよう|ビギナー向け講座で地道に這い上がる

不動産

金融政策が追い風です

住宅模型

マイナス金利は上場不動産投資信託に大きな影響を与えています。直接的な影響としては借入金の調達金利が下がる期待が高まっています。間接的な影響としては、国債の利回り低下により、運用先に悩む投資家が上場不動産投資信託に向ってきています。

Read More

すべて任せてしまおう

設計図と模型

上場不動産投資信託はどの銘柄も優良物件を保有しています。このような優良物件の情報源はスポンサーだったり、独自で持っているネットワークだったりします。投資家は上場不動産投資信託に投資することにより、これらの恩恵を受けることができるのです。

Read More

少しずつ積み上げよう

不動産投資信託を始めるときに役立つのがこちらです。安定した配当があるから、初めての方でも安心して行なうことができます。

買う時期を分散しよう

不動産

安定した資産運用を目指すのであれば上場不動産投資信託を淡々と購入し続けることをお勧めします。上場不動産投資信託を勧める理由は、どの銘柄も不動産投資に関するプロ集団が運営をしており、不動産市場における優良物件を確保しているからです。また買い続けることにより、ある時点で高値掴みをしたとしても他の時点で安く買うこともでき、取得価格が平準化されます。そして、上場不動産投資信託の残高を積み上げれば積み上げるほど、分配金利回りが安定していきます。ポイントはいろいろな銘柄を少しずつ買っていくということです。1銘柄だけでも分散投資の効果は得られますが、複数銘柄を保有することにより、その効果はさらに高まります。ビギナー向け講座で地道に這い上がりましょう。

持っているだけでよいです

上場不動産投資信託の各銘柄が保有している収益物件を見ると、中にはハイクラスのオフィスビルやファミリータイプマンションもあります。上場不動産投資信託の運用会社はこれらの収益物件の情報をスポンサー等とのパイプラインを使って集めています。また、上場不動産投資信託では収益物件を基本的に1棟まるまる保有するので、リニューアルも適時行うことができます。バリューアップすることで家賃を維持もしくは上昇させることができており、投資主は上場不動産投資信託を保有するだけでこれらの恩恵を受けることができるのです。上場不動産投資信託は購入したら放っておけばよいので、忙しいサラリーマンやOLでも手軽に投資をすることができます。

投資商品として魅力

住宅模型

不動産投資信託はプロが運用してくれますし、管理も行ってくれるので、投資家は商品を選ぶだけで負担がありません。日本ではオリンピックが開催されるので不動産価格の上昇が期待でき、海外でも東南アジア等の成長しているところが多いのでチャンスです。

Read More